saitetu diary

ロボット,IoT,アプリ開発などの備忘録的なブログです。機械加工,電子工作とかも。。

Unity,Blender,C#,Javaなどの備忘録的なブログです。電子工作やArduinoなんかも。

Raspbian Strech LiteでWiFiつなげようとしたらCould not communicate with wpa_supplicantって怒られた件

久しぶりの更新です。
タイトルのままですが、、

Raspberry PI zero Wに新しいRaspbianのディストリビューションStrechが来ましたね。
Download Raspbian for Raspberry Pi

せっかくなので僕も入れてみようと思って、USBからSSHで接続した矢先、なぜか無線LANに接続できませんでした。

wpa_supplicant.confを書き換えても接続している様子がないので、raspi-configからNetWorkの設定にアクセスしようとしたらタイトルの、could not communicate with wpa_supplicant ってエラーとhere was an error running option N2 Wi-fiってエラーが返ってきました。

軽く調べてみた所、国別コードがないのが原因という記事も見かけたのですが、そもそもconfを読んでる気配がないので、デバイスがdisableになってるのではないかと思いsudo ifup wlan0した所、ifup: unknown interface wlan0と返ってくる結果に。。
やっぱりwlan0がdisableになっているようです。

解決方法

こちらの公式フォーラムを参考にさせて頂きました。
Raspbian Stretch: Wifi not starting on boot - Raspberry Pi Forums

まず

sudo vim /etc/network/interfaces

で、最下部に

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を追加し保存します。
これで起動時にwlanが許可されます。
その後、

sudo systemctl enable wpa_supplicant.service

でwpa_supplicantを再起動し、

sudo reboot now

でRaspiを再起動すれば完了です。

これで、raspi-configからNetworkの設定を開けてもエラーが返されなくなりました。
もし同じ症状で困っている方がいれば、参考にしていただけると幸いです。

また、RaspiでのUSBからのSSHに関してはいろいろな記事がありますが、Windows10からアクセスする際に関しては、僕もQiitaに記事を書いておりますので、そちらもどうぞ。
qiita.com

では。